海外送金手数料比較  海外送金方法  アメリカから日本 

  • 2013/03/20(水) 14:24:20

海外送金手数料比較

海外送金は、手数料がそれなりにかかってくるものです。しかし、海外送金をする方法は色々なパターンがあります。ここでは、わかりにくい海外送金の手数料を主要な海外送金方法ごとに比較します。

海外送金に必要な手数料には概ね3つの手数料があります。

①送金を行う銀行の手数料

②両替にかかる為替手数料

③受取銀行に支払う手数料

この合計した手数料が海外送金に必要になってきます。※国によって一部税金などがかかる場合があります。

日本(円) -アメリカ(ドル)

下記は、日本にある円をドルに替えてアメリカに送金する場合の手数料を比較しています。
※情報については万全を期しておりますが、内容や効果を保証するものではありません。サービス提供各社に直接ご確認ください。


海外送金で一番お得なサービスはどれでしょうか?

個人であれば、一番お得なサービスはSBIレミットと言えるでしょう。
為替手数料が銀行並みの1円/1米ドルでありながら、送金手数料が2000円未満であることがポイントです。また、このサービスは、受け取り先の銀行口座がなくても利用できるメリットもあります。受け取り銀行の口座が必要ないため、受け取り手数料も必要ないおすすめの海外送金サービスと言えるでしょう。


海外送金の金額が大きい場合は、FX会社を利用するのも賢い方法です。
実は、海外送金というのは、外貨に両替をしてから海外に送金することになります。この両替にかかる為替手数料がFX会社は非常に安いのです。通常銀行では1ドルの両替につき1円の手数料がかかります。100万円であれば約1万円の為替手数料がかかります。しかし、マネーパートナーズなどのFX会社の為替手数料は5分の1の1ドルにつき0.2円の為替手数料で済むのです。同じ100万円でも、約2000円の為替手数料で済むのです。そのため、FX会社で両替(コンバージョンという)をしてから、シティバンクなどで海外送金すれば、全体の費用が安く済むのです。海外送金の金額が大きくなる時は検討すべき方法です。マネーパートナーズは月一回までは出金手数料が無料なのと、コンバージョンの為替手数料が1ドルあたり0.2円と安いことでおすすめのFX会社なのです。


海外への留学や転勤などの場合は海外キャッシングの方がお得!?
海外送金は数千円ほどの手数料がかかってしまいますが、実は短期間であればクレジットカードを使った海外キャッシングの方が、海外送金よりも手数料もかからずにお得なケースがあるのです。

海外キャッシングは、為替手数料がかからずに海外のATMを利用して、「現地通貨」で引き出すことができるのです。その代わり必要なのがキャッシングの利息が発生します。しかし、1ヶ月での返済であれば1.5%の金利で済むのです。




海外送金と海外キャッシングの比較

3万円の送金の場合

海外送金 SBIレミットはこちらの場合

送金手数料 1,480円 + 為替手数料 300円 = 1,780円

海外キャッシング セゾンカードの場合 (1ヶ月後に日本で返済)

年会費 0円 + 為替手数料 0円 + 利息450円(金利1.5%) + ATM手数料210円 = 660円

と3倍もほどもコストが変わってくるのです。ただし、海外キャッシングの場合は、海外でクレジットカードがある状態でなければいけないため、海外に既にいる人に海外送金をする場合は、一時帰国時などにクレジットカードを申し込むなどをして持って行く必要があります。



〔追加情報〕
1.ロイズ銀行がGo ロイズで展開していた海外送金サービスは、
新生銀行に事業譲受されることになりました。
2013 年3 月4 日(月)から
『Go レミット新生海外送金サービス(Go レミット)』
として、新生銀行が業務を引き継ぎます。
詳しくは → 新生銀行 事業譲受のお知らせをご覧ください。
  ※海外送金するための送金先に変更があります。
     → 変更点などの情報

2.新生銀行Goレミットは、新生銀行のパワーフレックス外貨預金口座から
海外送金とは別のサービスです。 関連情報 新生銀行の利用
  ※新生銀行のサイト 海外送金・外貨送金をみると
    2つの海外送金サービスがあることがわかります。

海外送金手数料が2,000円と海外送金手数料が節約できて、
  ・インターネットバンキング
  ・銀行ATMから
円資金を「Go レミット」専用口座に振り込むだけで
海外送金できる便利なサービスが、
新生銀行の Goレミット です。

利用方法は簡単で
.定期的な海外送金先を登録します。  
 
.近くの銀行ATM、もしくはネット銀行から円資金を
「Go レミット」専用口座に振り込みます。
新生銀行で午後3時までに入金が確認できれば、
その日の為替レートで外貨に換算して、
同日付けで海外へ電信送金されます。

たったこれだけで、本当に簡単 です。
 ※複数の送金先を登録してそれぞれに海外送金することもできます。

これで外貨両替手数料が安ければさらにうれしいのですが、
新生銀行Goレミットのメリット、デメリットをまとめます。

【新生銀行Goレミットのメリット】
1.海外送金手数料が安い。
一律2,000円というのはうれしい金額です。

2.ATM、ネットバンクから送金して海外送金できる。
 一般の銀行や郵便局は海外送金するためには
窓口まで出かけなくてはいけません。
 時間を気にせず
  ・近くのATMから入金
  ・指定先口座への国内送金
したらいつでも海外送金できるのは本当に便利です。

【Go レミットのデメリット】
1.円を外貨に両替する手数料が高い。
一般の銀行や郵便局と同じようです。※注
  ※注:Goレミットの 為替レート表 はT.T.S.のみを表示するため。
〔Goレミットの外貨両替手数料〕(推測)
米ドル1円程度、 ポンド4円程度、 カナダドル1.6円程度、 
豪ドル2.0円程度、 NZドル2.0円程度、ユーロ1.5円程度、 
スイスフラン0.9円程度、 香港ドル0.43円程度、 
シンガポールドル0.8円程度、 スウェーデンクローネ0.4円程度、
インドルピー不明
  ※同日の三菱東京UFJ銀行の提示レートと比較して推測しました。
   関連情報 外貨両替手数料の比較

数十万円以上の金額をお得に海外送金するには、
  ・海外送金手数料が安い
だけでなく、
  ・円を外貨に両替する手数料も含めて計算する。
する必要があります。
 関連情報 外貨両替手数料の比較
以下に、さらにお得なまとまった金額の海外送金方法を紹介します。
  ○主要国通貨
    ・FXで両替して外貨出金→シティバンクや新生銀行から海外送金する。
      関連情報の例 YJFX!の現受
    ・新生銀行で両替して海外送金
      関連情報 新生銀行が外貨両替手数料を引き下げ!
  ○その他の通貨:
    ・新生銀行で両替して送金 例:香港ドル0.12円、シンガポールドル0.25円など
      関連情報 新生銀行が外貨両替手数料を引き下げ!
    ・円送金してカレンシーオンラインでお得に両替してから海外送金
      関連情報 カレンシーオンラインの紹介
すると、少し手間がかかりますがずっとお得になります。

通貨や海外送金する金額による比較は
 お得な海外送金早わかり アメリカドル、 ポンド、 豪ドル、 ユーロ、 NZドル、 カナダドル
 をご覧ください。




ドル(現金)を日本円(現金)に変える。
 
ポイント: 小額の両替に便利
適した方法: 送金に不向き・小額の持込向き

= US(アメリカ)で =
USでも銀行・空港・両替所などで日本円(現金)を購入するすることができます。購入方法もほぼ同じです。   ただし、日本で換金するよりも為替のレートが悪いようです。
詳細は調査中。
 
= 日本で =
日本の銀行(外国為替取引銀行)・空港などで、直接ドルを日本円に換える方法です。特に面倒な手続きや準備が必要無く、また個人の身分証明等も必要ありません。決められた用紙に名前・住所・金額等を記入するだけで換金することができます。必要なときに必要なだけ換金・利用できます。
換金には、仲値 + 3円のレートが適用されます。日本円 → ドルのときと同様、適用されるレートは他の手数料と比較してもあまりよくありません。  



ドル建てT/Cを購入
 
ポイント: 手数料が安く安全。 現金にも換えられる。
適した方法: 日本で必要なだけ円に替えたい場合に有利。 日本で、ドル建てT/Cでの入金が可能な口座がある場合は、資金移動にも使える。 送金に不向き

アメリカ USでドル建てのT/Cを購入する法です。
ドル建てのT/Cの購入は、円建て同様、銀行よりもカード会社や各国通貨への両替・送金サービスを行っている会社の方が容易です。ドル建てであれば、購入レートはそう悪くないのですが、(一度の)購入金額に2,500ドルといった制限があるところもあるので、注意してください。また郵送などの手数料も別途必要です。
 
日本でこれを使う、換金する場合、ほとんどの銀行、および郵便局で可能です。ただし、円へ換金する場合のT/Cの書き方については、各行で若干違いがあります。 日本での換金レートおよび手数料は、
 
仲値 + 1円 + 手数料
 
というところが多いですが、このときの手数料は、0.25/ドルくらいです。(Demand Rate。)ドル高が進んでいるときは、この手数料はあまり気にならないと思います。 日本の外貨預金口座などへ入金できる場合は、為替レート・手数料合わせるとかなりお得な方法です。
 
= ドル建てのT/Cを日本の銀行等で、日本円に換金するときの注意事項 =
AさんのT/Cを、Aさんが換金する場合

1. T/Cを利用する要領で、サインする。

このとき、身分証明の提示が求められるかもれませんので事前にご用意ください。詳しくは、持ちこむ銀行にお問い合わせください。
 
 
AさんのT/Cで、Bさんが換金する場合

1. T/Cを利用する要領で、サインする。
2. 『Pay to the order of 』の欄に現金を受け取りたい人の名前を記入
3. 換金する場合、受取り人の身分証明を提示

日本でこの方法を行うと、身分証明の提示以外にいろいろな書類の記入が必要になる場合があるようです。これを避けるために、T/Cの2箇所のサインは持ちこんだ(上の場合Bさん)人のサインにするという方法もあります。詳しくは、持ちこむ銀行にお問い合わせください
 
T/C(円建て)を購入
 
ポイント: 手数料が安く安全。 現金にも換えられる。
適した方法: 日本で必要なだけ円を使いたい場合に有利、ただし、使わなかったT/Cをドルに替える場合不利。。 資金移動にも使える。 送金に不向き。

アメリカでドル建てのT/Cを購入は、銀行・カード会社などで比較的簡単にできますが、円建てのT/Cが結構面倒です。現在わかっているところでは、銀行よりもカード会社や各国通貨への両替・送金サービスを行っている会社で購入可能ということです。為替レートもそう悪くありませんが、発行にあたっては郵送の手数料等がかかることがあります。円建てのT/Cは、日本で通常の円として使うことができます。
 
ポスタルマネーオーダ(国際郵便為替)
 
ポイント: 手数料が比較的安く安全。 現金にも換えられる。 
適した方法: 小額の送金・持ち込み向き

アメリカの郵便局で、国際郵便為替(ドル建て)を買いそれを日本で換金方法です。USでマネーオーダを作るときに手数料がかかりますが、日本の郵便局で円に換金する場合、手数料 等はとられません。(為替差益は発生します。) の金融機関で換金する場合は、手数料がとられることがあります。

郵便局のマネーオーダーであれば700ドル毎に手数料 3.5ドルがかかります。購入にあたっては、金額によって身分証明書の提示や金額に制限がありますので、大きな金額のときは事前にご確認ください。
この他、USのCitibankで発行したマネーオーダーを日本のCitibankで換金する、口座に入金するなどの場合も、手数料はとられないようです。

 
 
クレジットカードでのキャッシングを使う
 
ポイント: 為替レート、手数料はやや高い。 簡単。 
適した方法: 小額の現金。

アメリカのクレジットカードで、日本のATMあるいは金融機関窓口を利用してキャッシングを受けることができます。詳細は、ご利用のカード会社にご確認ください。 

 
 
Paypalを使う
 
ポイント: 為替レートはやや高い。 手数料は安い。 利用できるアカウントの種類が複雑。 
適した方法: 小額の送金。 定期的な送金。

Paypalのアカウントから日本の銀行口座に引き出しができるようになり、手数料も安いためアメリカから日本への送金方法としても使えるようになりました。 利用するアカウントのタイプや送金方法をうまく利用するとかなり安く送金できます。 詳細は Paypalを使った海外送金 をご参照ください。


米国(ドル) → 日本(円)

以下は、米国にあるドルを日本に送金し、円に替える場合の手数料について調べた結果です。

受取先 受取手数料 為替マージン 送金元で生じる手数料
ソニー銀行 25ドル 1ドルにつき0.25円 送金元による
シティバンク 0円 1ドルにつき1円 送金元による
新生銀行 0円 1ドルにつき1円 送金元による
三菱東京UFJ銀行 2,500円 1ドルにつき1円 送金元による
みずほ銀行 2,500円 1ドルにつき1円 送金元による
外国為替証拠金取引(FX)会社 0円など 1ドルにつき0.1円など 送金元による
PayPal 0~250円 2.5% 個人なら無料。法人なら3%前後



ほんとうに安くできる海外送金とFXの利用
ライター:kazubo_yさん(最終更新日時:2015/1/13)投稿日:2014/3/17 アドバイス受付中!
ナイス!:0閲覧数:1803
ノート
アドバイス
関連Q&A
履歴
印刷用のページを表示する
いくつかのFXで
お得なレートで外貨に両替することはできますが

 ・海外送金したい
 ・外貨現金が必要

なときには

  ・FX → YJFX! マネーパートナーズ セントラル短資FX

  ・両替した外貨を海外送金する銀行
     → シティバンク、新生銀行、三菱東京UFJ銀行

  ・外貨現金を受取る銀行 → みずほ銀行

以外の金融機関の利用はすすめません!!


というのは、
FXでお得に外貨に両替しても

1.そのまま海外送金できない。

2.外貨現金で受取ることができない。

のです。

海外送金する、外貨現金を受取るには

日本の銀行の外貨預金口座へ外貨のまま送金してから

  ・海外送金する

もしくは

  ・外貨現金を受取る

する必要があり、

そのために結構な手数料がかかるのです。(^_^;)

また、たいていのFXでは、取扱単位が1万通貨で
個人の海外送金には利用しにくいこともあります。

FXで外貨に両替して海外送金するまでの手数料

1.FX会社から外貨を出金する手数料(1,500円~6,000円程度)

2.海外送金する銀行で外貨を受取る手数料(2,500円~)

3.外貨のまま海外送金するとき、海外送金手数料以外の別途手数料(1,500円~)

が、かかります。

FXでお得に両替した外貨を出金して受取るまでにかかる手数料

1.外貨を受取る銀行へ出金する手数料(1,500円~6,000円程度)

2.外貨を受取る銀行でかかる手数料(2,500円~)

だけでなく

外貨預金口座から外貨現金を引き出す手数料

  ※一般的な銀行の手数料 1ドルあたり2円 例:千ドルなら2,000円


これでは()FX会社や銀行でかかる手数料を含めると)

  ・銀行で円を外貨に替えて海外送金するほうが安くすむ。

  ・銀行窓口で円を米ドルに替えるj方が安くすむ。
    ※上乗せレート1ドルあたり3円 例:千ドルなら3,000円

ことになってしまいます。(^_^;)


では、海外送金や外貨現金を受取るときに
FXを利用することは意味がないのでしょうか。

そうではありません。

円をお得に外貨預金にできるFXの中には、以下の

  ・余分な手数料や上乗せレートが少ないFX会社

  ・一緒に利用したい銀行

があります。


外貨預金口座へ外貨送金する手数料がかからないFX会社

例:YJFX!、マネーパートナーズ、セントラル短資FX

詳しい情報は、YJFX!の現受 マネーパートナーズの両替
セントラル短資FXの両替 をご覧ください。
  ※マネーパートナーズは月1回、セントラル短資は限られた銀行のみ



さらに、

FXからの外貨を受取る手数料がかからない。


受取った外貨をそのまま送金する手数料がかからない。


例:シティバンク、新生銀行、

(三菱東京UFJ銀行は、外貨を受取る手数料のみ無料)

詳しい情報は、シティバンクの利用 新生銀行の利用
三菱東京UFJ銀行ダイレクト をご覧ください。

つまり

FXでお得に両替した外貨をそのまま海外送金するとき

一般の銀行と同じく

海外送金手数料のみで海外送金できるということです。



次に、

FXで両替した外貨を現金を受取る

とき、以下の金融機関なら

1通貨あたり?円といった割高な手数料ではなく
  ※1ドル当たり3円、1ポンド当たり12円!など

お得な手数料で外貨現金を受取れます。

10万円程度以上のまとまった外貨現金が必要なら

空港や銀行窓口での外貨両替よりずっとお得になります。(^.^)


 みずほ銀行
 数十万円以上の外貨現金をお得に得たいときにおすすめします。

  取扱通貨: 貨 米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、
          オーストラリアドル、ニュージーランドドル

FXから外貨を受取るのに2,500円がかかりますが、
外貨預金から外貨現金を引き出す手数料は
金額にかかわらず1,000円だけです。

詳しい情報については、
みずほ銀行の外貨預金を利用したお得な外貨現金受取り
をご覧ください。


 マネーパートナーズの外貨受取
10万円以上を外貨現金に両替したときにおすすめします。

  取扱通貨: 米ドル、ユーロ、スイスフラン、ポンド

かかる費用は

  ・現在の為替レートに0.2円だけの上乗せ
  ・1回500円の手数料

だけです。

海外に出発する前に

成田、羽田、関空、セントレア空港にある指定両替店舗で

外貨現金を受取れます。(^.^)

詳しい情報は、
マネーパートナーズのお得な外貨現金空港受取り
をご覧ください。


以上、日本のFXを利用したお得な海外送金方法、
お得な外貨現金受取り方法を紹介しました。


なお、通貨や金額によってどのくらいお得になるかは、

お得な金額別海外送金比較 米ドル
         〃        ユーロ
         〃        ポンド
         〃        オーストラリアドル
         〃        ニュージーランドドル
         〃        カナダドル

か知ることができます。



海外送金手数料を最も安くする方法

海外送金手数料を最も安くする方法を紹介します。

海外送金手数料は「円を外貨へ両替する手数料」+「送金手数料」の合計です。それぞれの手数料を安くする方法を考えれば、海外送金手数料最安の方法が見つかるはずです。

最初に円を外貨に両替する手数料を比較し、次に送金手数料を比べます。最後に海外送金手数料(総手数料)を比較します。

円を外貨に両替する手数料の比較

まず、円を外貨に両替する手数料を考えます。

銀行で、円を外貨に両替する際のレート(TTSレート)には、既に銀行側が徴収する為替手数料が含まれています。利用明細書にはこの手数料は記載されていませんので、「為替手数料なし」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません(笑)。

TTMレート(電信仲値相場)とTTSレートの間の差が為替手数料です。

円から外貨への振替は銀行でするよりFX証券会社でした方が明らかに有利ということがわかると思います。セントラル短資FX、マネーパートナーズともに入会金・年会費一切無料です。

セントラル短資FX マネーパートナーズ ゆうちょ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 シティバンク銀行
米ドル 10銭分 リアルタイムレート+20銭 1円 1円 1円 1円 1円
ユーロ 1円50銭 1円50銭 1円40銭 1円50銭 1円
ポンド 4円 4円 4円 4円 1円
豪ドル 2円 2円 2円50銭 2円50銭 1円
ニュージーランドドル 2円 2円 2円55銭 2円55銭 1円
スイス・フラン 90銭 90銭 90銭 90銭 1円
海外送金手数料の比較

次に海外への送金手数料を比較してみましょう。送金手数料の面では、ゆうちょ銀行が有利です。シティバンク銀行も3,500円と安く、シティバンク銀行に100万円以上残高がある場合は2,000円に割引なるという優遇措置があります。

FX証券会社からは海外へ送金することはできません。しかし、国内の金融機関への送金は可能です。ここに海外送金手数料を安くする鍵があります。

セントラル短資FXからは1,500円の手数料でシティバンク銀行へ送金できます。マネーパートナーズからは無料でシティバンク銀行へ送金できます。そして、シティバンク銀行が以上のFX証券会社からの送金を受け取るときの手数料(被仕向送金手数料)も無料です。

シティバンク以外の金融機関へ送金する際は、被仕向送金手数料2,500円が必要となります。

セントラル短資FX マネーパートナーズ ゆうちょ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 シティバンク
米ドル 海外へ送金はできませんが、シティバンクへ手数料1,500円で送金できます。 海外へ送金はできませんが、シティバンクへ無料で送金できます。 2,500円 3,500円 4,000円 5,500円 3,500円(
2,000円)
FX証券会社で両替→シティバンク経由で海外送金がお得

FX証券会社で格安の外両替をした後に、シティバンクへ国内送金し、シティバンク銀行から海外送金するのがお得です。

例えば、1,000ポンドの海外送金の総手数料を検証してみましょう。

為替手数料 送金手数料 海外送金の総手数料
ゆうちょ銀行 4,000円 2,500円 6,500円
三菱東京UFJ銀行 4,000円 3,500円 7,500円
三井住友銀行 4,000円 4,000円 8,000円
みずほ銀行 4,000円 5,500円 9,500円
シティバンク銀行 1,000円 3,500円 4,500円
マネーパートナーズ+シティバンク 200円 3,500円 3,700円最安
セントラル短資FX+シティバンク 100円
(10銭分) 5,000円
(1,500円+3,500円) 5,100円
2,000ポンドの海外送金の総手数料の比較もしてみましょう。

為替手数料 送金手数料 海外送金の総手数料
ゆうちょ銀行 8,000円 2,500円 10,500円
三菱東京UFJ銀行 8,000円 3,500円 11,500円
三井住友銀行 8,000円 4,000円 12,000円
みずほ銀行 8,000円 5,500円 13,500円
シティバンク銀行 2,000円 3,500円 5,500円
マネーパートナーズ+シティバンク 400円 3,500円 3,900円最安
セントラル短資FX+シティバンク 200円
(10銭分) 5,000円
(1,500円+3,500円) 5,200円
1,000米ドルの海外送金の総手数料の比較もしてみましょう。

為替手数料 送金手数料 海外送金の総手数料
ゆうちょ銀行 1,000円 2,500円 3,500円最安
三菱東京UFJ銀行 1,000円 3,500円 4,500円
三井住友銀行 1,000円 4,000円 5,000円
みずほ銀行 1,000円 5,500円 6,500円
シティバンク銀行 1,000円 3,500円 4,500円
マネーパートナーズ+シティバンク 200円 3,500円 3,700円
セントラル短資FX+シティバンク 100円
(10銭分) 5,000円
(1,500円+3,500円) 5,100円






iforex.jpg

クリック証券

★海外FX・BO業者の口座開設マニュアルはこちらをクリック!
大体、どの業者も入力事項は同じです!☆



FX・BO比較斬リ!

■タイアップキャンペーン等 は、本サイトのバナーから 申し込まないと、 該当しません。 (詳細・最新条件等も ご確認下さい)□ ◎レバ規制ナシ! 海外FX業者ランキング 1位・XM(xemarkets) XM・XEMarkets 最大888倍の ハイレバレッジ! 取引スタイルにあわせて 選べる4つのアカウント! 日本人・日本語に よるお客様サポート! 最大2万ユーロまで 信託保全! 手数料無料で即日入金 &同日出金を実現! スプレッド日本業者並! キャンペーン多数! 日本人利用者急増中! カード入金可能! 追証なし!円建て可能! 滑らない!約定力強! MT4利用可能! 最狭スプレッド ECNの「XM Zero(ゼロ)」有! サーバーを大幅に増強・ アップグレード! 最先端の光ファイバー接続 ネットワークを追加した 世界で唯一の業者として、 サバ落ちは皆無! 入金ボーナス (20%~100%)! ポイント制度も実施 (ポイントは現金または ボーナスとして交換可能)! デモあり! ★XM(xemarkets)の関連記事は こちらをクリック!☆ 2位・iFOREX iFOREX!  アイフォレックス! 最大レバレッジ400倍! 信託保全あり! デモあり! 追証なし! 取引はDLアプリか WEBブラウザ! 入出金トラブルなし! ボーナスあり! スリッページ、 リクォートなし! クレジットカードで 簡単入金可能! 取引手数料無料! 60種類以上の 豊富な通貨ペア! 商品や各国株価指数CFD の取引も可能! ★iFOREXの関連記事は こちらをクリック!☆ 3位・MyFX Markets my120532222.jpg スプレッド・スワップ・ 約定力が 総じて上位にランキング。 サーバが強い。 日本人スタッフに よるお客様サポート! 期間限定 キャンペーンあり! EA(自動売買)などによる、 高速スキャル取引向。 追証も実質的に無し。 レバレッジ400倍! ★MyFX Marketsの最新詳細、 デモ・リアル口座開設は こちらをクリック!☆ ★MyFX Marketsの関連記事・ 口座開設・入出金方法等は こちらをクリック!☆ 4位・Traders Trust (トレーダーズトラスト) ★TradersTrust (トレーダーズトラスト) の関連記事は こちらをクリック!☆ Traders Trust! 真のSTP取引サービス! リクオートなし! 約定拒否なし! 最大500倍の ハイレバレッジ! 日本人スタッフに よるお客様サポート! 大手銀行で 信託保全! スプレッド狭い! カード入金可能! 追証なし! サーバ強!滑らない! 約定力強! MT4利用可能! デモあり! 5位・Pivot Markets (ピボットマーケッツ) iforex.jpg ★Pivot Markets (ピボットマーケッツ) の関連記事は こちらをクリック!☆ Pivot Markets! ビットコイン 入出金可能! STP取引サービス! リクオートなし! 約定拒否なし! 最大500倍の ハイレバレッジ! 日本人スタッフに よるお客様サポート! 信託保全! 入出金手数料無料! スプレッド普通! キャンペーンあり! カード入金可能! 追証なし!円建て可能! サーバ強! 約定力強! MT4利用可能! 6位 FxPro 口座開設 FxPro! レバレッジ500倍! 業界TOPのスプレッド! 追証なし! スリッページ、 リクォートなし! 英国FSA、CySEC、ASIC 各種ライセンスを保持! 最先端の取引ツールで 快適な取引! 優良EAの無料配布サービス! 日本語サポート! 7位 IFCMarkets 口座開設 IFCMarkets! 追証なし! レバレッジ400倍! クレジットカード入金! 出金も簡単、手数料安い! スプレッド最狭! 口座開設5分、すぐ取引開始! キャッシュバック簡単! CFD取引も可能! 保証金に金利がつく! 日本人スタッフの対応アリ! 8位 FXDD 口座開設 FXDD! レバレッジ400倍! クレジットカード入金! スプレッド狭! 口座開設簡単! キャッシュバック簡単! MT4利用可能! 日本人対応スタッフあり! バイナリーも開始! 追証あり! ☆海外FX業者ランキング・ 詳細比較はこちらをクリック!☆ ◎国内・海外 バイナリー業者 ランキング詳細内容は こちらをクリック!◎
お勧めバイナリー業者   ランキング!  
1位・GMOクリック証券 GMOクリック証券 FX口座開設で バイナリー・ CFD・株取引も可能! 2位・トレイダーズ証券 みんなのバイナリー! トレイダーズ証券[みんなのFX] FX口座開設で バイナリー 取引も可能! 3位・FXプライム FXプライム ☆↓こちらから 申し込まないと、 タイアップ・ボーナス キャンペーン等は 該当しません。 (詳細・最新条件等も ご確認下さい。)☆ iforex.jpg ☆お勧め! 海外オンラインカジノ・ ランキング 詳細記事は こちらをクリック!☆

◎国内FX業者
ランキング詳細内容は
こちらをクリック!◎

お勧め国内FX業者   ランキング!
1位・DMM FX DMM FXは初心者向け スプレッド・10点(固定)! スワップ・10点! コスト・10点! キャッシュバック条件・10点! サーバ・10点! 約定力・10点! ツール・9点! 2位・GMOクリック証券 GMOクリック証券 スプレッド・10点(固定)! スワップ・10点! コスト・10点! キャッシュバック条件・9点! サーバ・9点! 約定力・10点! ツール・10点! 3位・外為ジャパン すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」 スプレッド・10点(固定)! スワップ・9点! コスト・10点! キャッシュバック条件・10点! サーバ・10点! 約定力・10点! ツール・9点! 4位・SBIFXトレード SBIFXトレード スプレッド・9点(変動)! スワップ・10点! コスト・10点! キャッシュバック条件・9点! サーバ・9点! 約定力・9点! ツール・9点! 5位・みんなのFX トレイダーズ証券[みんなのFX] スプレッド・10点(固定)! スワップ・9点! コスト・10点! キャッシュバック条件・9点! サーバ・9点! 約定力・9点! ツール・9点! 6位・Forex.com フォレックス・ドットコムMT4 FXと金銀の取引可能! スプレッド・9点! スワップ・9点! コスト・9点! キャッシュバック条件・9点! サーバ・10点! 約定力・10点! ツール・9点! MT4・10点! 7位・外為オンライン 外国為替証拠金取引の外為オンライン スプレッド・8点(固定)! スワップ・10点! コスト・10点! キャッシュバック条件・9点! サーバ・10点! 約定力・9点! ツール・9点! 8位・FXブロードネット 外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ スプレッド・8点(固定)! スワップ・9点! コスト・9点! キャッシュバック条件・9点! サーバ・9点! 約定力・9点! ツール・8点! 9位・マネーパートナーズ 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ ◎国内FX業者で MT4が使える業者 総合力ランキング! 1位 フォレックス・ドットコムMT4 FOREX.COM フォレックス・ドットコム スプレッドが狭い! MT4提供の実績大! 1000通貨単位からEA運用可能! 約定力強! 人気高い! 口座開設 キャンペーンあり! 通貨ペア約50種! 各種手数料無料! 2位 OANDAJapan スプレッドやや狭! ◎国内FX業者 ランキング詳細内容は こちらをクリック!◎

CFD・比較斬リ!


1位・Forex.com
フォレックス・ドットコムMT4
フォレックス・ドットコム!          
FXと金銀の取引可能!
スプレッド・8点!
スワップ・9点!
コスト・10点!
サーバ・10点!
約定力・10点!
ツール・9点!   
MT4・10点!

2位・DMM・CFD
DMM CFD
スプレッド・9点!
スワップ・9点!
コスト・9点!
サーバ・9点!
約定力・7点!
ツール・9点!
他の業者比較で最良!

海外FXランキング
海外FXランキング


ユーザー登録すれば
ほぼ全ての海外
FX・BO業者から
キャッシュバックが
もらえるサイト



他の業者は、切捨て御免!












	人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

投資ギャンブル ブログサイトランキング
ギャンブル一般 ブログランキング